冬のお料理

山陰・香住、冬の味覚の王様「松葉ガニ」。

“香住漁港”“柴山漁港”山陰の2大漁港では質のいい「松葉ガニ」が水揚げされます。当館主人が自ら競りに立ち、活きがいい良く身の詰まった松葉を見分けて、お客様に最高の松葉がにを提供できるよう、日々がんばっています。茹で、焼きなどどう料理しても絶品です!

冬の味覚の王様「松葉ガニ」

香住漁港と柴山漁港、2つの漁港には冬になると、毎年大量の松葉がにが水揚げされます。 大型・中小型船と一斉に松葉ガニ漁に出向きます。そこを狙って多くのお客様が美味しい「松葉ガニ」を目当てに香住に訪れます。刺し、茹で、焼き、鍋どう料理しても絶品です!

香住の松葉ガニは何が特別なのか?

◆特別な理由01

厳格なカニの選別

香住港には、小型・中型・大型底引き網船が400~500mの海底に網を下ろし引っ張る漁法で水揚げされます。帰港した船より夜中から寄り手が大きさ・身のつまり・色形を一匹づつ見分け選別し60種以上のランクに分けて競りにかかります。仲買人は朝早く港に出向き長年つちかった目利きで競り人と駆け引きをしながら競り落としております。

◆特別な理由02

当館主人は漁港の仲買人

当館の主人は、先代から自ら競りに出向きカニを手に取り自分で目利きし厳選した松葉ガニを仕入れお客様に提供できるよう日々心がけています。現在は40年以上の信用が実り、主人が自ら仲買人の許可を頂きいっそう厳しい目で良しあしを見極め、リーズナブルに仕入れております。

◆特別な理由03

香住の歴史はかに漁の歴史

先人たちが日本海を代表する「松葉ガニ漁」始め、いち早く地元の民宿がカニスキを考案し香住の観光では冬の味覚の王様に育っていきました。時代と共に変化をして今ではフルコースが当たり前になり多くのお客様が訪れております。

「冬」のお料理ご紹介

追加お料理

四季折々の季節の食材を使用した料理がいっぱい。プラン料理と合わせてお楽しみください。
追加お料理

こだわり朝食

直営店「KAN-ICHI」で作った自家製干物もお出しします。 満足度の高い香住の朝食をお召し上がりください。
こだわり朝食

地産の厳選素材

漁港の仲買人であり広い田畑を育む農家でもある当館主人がご用意する食材は獲れたて新鮮の厳選素材。
地産の厳選素材