地産の厳選素材

仲買人が競り落とす「魚介類」、農家で育まれた「農作物」

当館主人「漁港の仲買人」であり、もとは「農業を営む農家」です。
当館のお料理で使用する「魚介類」は自らが目利きで競り落としたもの。 そしてお米や野菜の多くは自らが香住の田舎で「自家栽培した新鮮農作物」。
自らが自信を持ってご提供する食材はどこかあたたかさや懐かしさを感じる深い味わいです。

仲買人が競り落とす「魚介類」

当館の主人は、ほぼ毎日漁港の競りに立つ仲買人。 当館でお客様にご提供するお料理の魚介類のほとんどは主人が競り落としたものです。 長年培った目利きで仕入れる魚介類は獲れたての素材の中でもひときわ活きが良く質がいいものです。 そんな素材を使用したお料理を、是非一度ご賞味下さい。

香住の台所「香住漁港」と「柴山漁港」

香住漁港

一年を通じて、様々な日本海の魚介類が揚がります。 当然、山陰の味覚「松葉がに」も水揚げされます。ただこの漁港で有名なのはなんといっても「香住がに(紅ズワイがに)」!!「香住がに」は「松葉がに」と漁期が長く、秋〜春が漁期となります。香住では「松葉がに」と同様に人気のあるかにです。 活気で賑わっている香住漁港は、波の荒い日本海で育ったカニや魚介類などが豊富に水揚げされています。 市場の近くには、お土産屋さんもあり連日、漁港で水揚げされた新鮮な魚介類をもとめて多くの人たちが訪れています。

柴山漁港

こちらの漁港も香住漁港と同様に、一年を通じて、様々な日本海の魚介類が揚がります。しかしなんといっても冬の「松葉かに」。 2003年11月から『柴山かに』と呼ばれているものはまた絶品です。 活気で賑わっている柴山港は屈曲に乏しい日本海岸にあっては珍しい天然の湾そのものです。 東の舞鶴港や西の境港に比べれば規模は小さいですが、波の荒い日本海で育ったカニや魚介類などが豊富に水揚げされています。市場の近くには、お土産屋さんもあり連日柴山漁港で水揚げされた新鮮な魚介類をもとめて多くの人たちが訪れています。 柴山漁港からは柴山地区が一望でき、市場の堤防には日曜日になると多くの釣り客で賑わったりもします。

農家で育まれた「農作物」

当館主人はもともと農業を営んでいた農家でもあります。 当館のお料理で使用するお米や野菜は香住の田舎で自家栽培した新鮮農作物。 田舎で獲れた香り豊かなお米や野菜はお店で売られるものとは一味違うとお客様からも好評をいただいております。

手づくりの自家製商品

当館では、地元で獲れた様々な農作物を手づくりで自家製商品にします。 手づくりで漬けた、昔ながらの味がする「梅干」や「梅酒」をはじめさまざまな漬物なども自家製のもの。 田舎ならではの手づくりの自家製商品が楽しめるのも当館の特長です!


追加お料理

四季折々の季節の食材を使用した料理がいっぱい。プラン料理と合わせてお楽しみください。
追加お料理

こだわり朝食

直営店「KAN-ICHI」で作った自家製干物もお出しします。 満足度の高い香住の朝食をお召し上がりください。
こだわり朝食

地産の厳選素材

漁港の仲買人であり広い田畑を育む農家でもある当館主人がご用意する食材は獲れたて新鮮の厳選素材。
地産の厳選素材