地産素材でみんなが笑顔になる 兵庫県 香住 旅館 温泉 民宿さだ助

お電話でのご予約・お問合せ
TEL:0796-36-0772
 > メールでのお問合せはこちら

さだ助ブログ

さだ助HOME > 女将のeclat(エクラ)なお話

女将のeclat(エクラ)なお話

新しい年が始まりました。皆様それぞれ、目標をもたれたことでしょうね・・・私は、毎日出来る事、今から出来る事、たった今出来る事を考えました。それは、『微笑む』ということです。       【笑う】は、場を盛り上げたり、たのしくしたりしますが、その行為が何かしら、人を幸せにしてるのかなぁと考えたりします。   でも、【微笑む】は、人を穏やかにしたり、安心させたりするのかなぁと考えます。   それに、相手を受入れやすいのかもと思います。    年末に、2012年のテーマは、【学ぶ】ですので、【微笑む】ことから、何を得ることができるのでしょうか?    楽しみです。      女将 きよ美
| トラックバック(0)

2011年も残すところ、あと僅かとなりました。この1年、格別のご愛顧を賜り、心から御礼申し上げます。今年の【さだ助】は、「このままじゃいけないよね」・・・から始まり、「じゃ、何からはじめる?」でした。そこで、伝えたい事が旨く伝わってない事に気づき、インターネットからの発信を工夫してみよう!と、数ヶ月、わからないことだらけでしたが、スタッフが、よくがんばってくれ、今日に至っております。 そして、再度【さだ助】を、見つめ直した1年でもありましたし、公私共、悩む事も多かったですが、変わることのできるのは、私自身である!と気づきました。2012年も、色々なことにチャレンジし、少しずつでも、進んでいきたいです。  そこで、 私の来年の、キーワードは、【学ぶ】です。     新たな年・・・・2012年も変わりませずよろしくお願い致します♪       女将    きよ美    

 

| トラックバック(0)

あちらこちら・・・の山々が、ちょっとずつ色を付けて来ました。この松葉ガニシーズンには、恒例の...【ともえばぁちゃんのかきもち】をご用意しております。事の起こりは4年ぐらい前・・・香住では、【節分】に合わせ【かきもち】を作るのですが、さだ助でも自家製のもち米を使い夕食にお出ししたところ、大変好評となり、それ以来・・このシーズンのお楽しみの1つとなりました。又、この度、かき餅に添える絵献立風のものを新しくしようと思い、出来上がりましたので披露いたします!     【ともえばぁちゃん】が、かき餅を切ってる様子を絵にしました。    絵をよ~く見ると、おばぁちゃんの特徴がわかります。     天然パーマなので、髪の毛の一部をクルクル~として、額にしわも入れ、割烹着の下には、襟月のポロシャツ・・てな感じです。   あとは、香住弁で【かきもち】のことを説明しております。    ちなみに、かきもちは、朝市コーナーで販売しております。      この冬も、大活躍の【ともえばぁちゃん】です。    女将   きよ美     (photo    by    kiyomi)

iPad用 017.jpg 

| トラックバック(0)

このページへは、久しぶりに登場します。初夏~すっかり秋へと変わり、私たちのユニフォームも衣替えしました。それと同時に、大西ジュンちゃんの作る【消しゴムはんこ】も順調で、懐石のお品書き・・お客様をお迎えする・・「ようこそ」のカード・・に使ってます。これらは、香住さだ助の思い出として、お持ち帰り下さい。      女将 きよ美                         

iPad用 014.jpg             

【Photo  by  kiyomi】

| トラックバック(0)

今回で、3回目ものご利用頂きました【松下様】。毎回、何かしらお話させて頂くのですが、今回においては、なんと・・「夕食時の敷き紙に影響させられ、書が書きたくなった。何でも良いので、書くものを用意してください」とのこと。実は、書には、こだわりをお持ちの様子・・・「それでは、私に何かお言葉を書いて、下さい。。。さだ助に対しても良いですよ。。。』とお願いをしました。15分も立たないうちに、2~3枚持ってきてくれたんです。                ワあぁー!私には、到底まねできない。。。そうですよね・・・字は、その人自身なのですから・・・『香住宿   女将笑顔の  夏の波』    【女】の4画めの横・・いいですよね。ちょっと意味深な横線・・人生を表してる?    【笑】は、本当に笑ってるよう。。。こんな字が書けたらと感動しました。表情のある文字。意味をつかんでる字。    あと、【夏】これは、うまいよね・・・新たな発見の夏の文字です。これ・・好きですね・・・     字がこれだけ、人を表す ・・又・・感情を出せる・・そして、人や物を思い、書くことが出来るということを、改めて教わったように思います。実は、小学1年生から、独身時代に教わった私の書の師匠は、今年1月に亡くなられ悲しかった事を覚えております。道具のしまい方、筆遣い。。。。思い出します。 でも、 こうして、【松下様】に出会えて、自分の書いた字に自身を持つことを発見しました。その字でよいのですから。。。                                                                    P7270567.jpg                     【photo by kiyomi】

| トラックバック(0)
このページに、書き込むのも久しぶりです。台風も、大きな被害はなく、ホッとしております。先日、梅干作り完了!と、トップページの新着情報に出しましたが、その後の、【梅干】達も順調です。実は、梅干用にと育てた赤紫蘇は、来年用にと、少しばかり畑に残しておくのですが、ともえばぁちゃんに『少し取ったら~』と言われ、取ってきました。少しもんで梅干用にしましたが、十分あるし・・・・そこで思いついたのが・・・前々から、しようと思ってた【紫蘇ジュース】  さっそく、じゅんちゃんにレシピ探してもらい、1.8リットルのペットボトルが3本と500mlが1本・・・合計4本の出来上がりとなりました(パチパチ)。効能も、美肌・疲労回復・視力向上と、女性にとってはこの上ない言葉!これらを目指して、スタッフとこの夏を乗り切ります!iPad用 002.jpg
| トラックバック(0)

今夜の月は、オレンジで、大きく、しかも存在感・・大です。さて、6月も半ばに入り、我が家の梅の木も気になる頃。。。2箇所に分かれてあり、実は、3年ほど前に植えた木の梅をぼってきました。【ぼって】とは、香住弁で【収穫する】の意味です。肌はきれいではありませんが、やっと、実をつけてくれたので、嬉しく思います。もう1箇所は、あまり、人が入らない所にあるので、主人が草刈をして、見にいきましたが、いのししの水浴び場らしき物を発見したようで、今日は、草刈だけの作業で終えました。来週あたり、ぼりにいかんなんのかなぁとおもっております≪とても・・・・不安・・・イノシシ?  蛇?  キャーと叫ぶかも・・・≫今日の、収穫分は、梅酒にするのが良いかもネー!梅酒の効能は、疲労回復、食欲増進だそうです。今年も作るぞー!    女将   きよ美     【photo  by  kiyomi】P6170436.jpg

| トラックバック(0)

resize0369.jpg昨日、午後7時30分頃、やけに、板さんの調理場の窓がピンクになってるし・・・・もしかして、と外を確認した所・・・きれいな、夕焼けが・・!思わず、お客様に声かけて一緒に見ました。5分ぐらいすると、ぼやけてきて・・やがて沈みました。わずかな時間でしたが、夕焼けに遭遇する事事態、偶然としか言えないので、ラッキー!でした。アンティークと共通してるなぁなんて思ったりしました。たまに、【アンティークのどこがいい?】と聞かれる事がありますが、この夕焼け同様、言えることは、同じものに出会えないこと、又、出会い物である!ということ、そこに、私は、アンティークに惹かれるのだと思います。これからの季節、こういう光景に出会える事に期待しましょう♪   女将  きよ美      【photo by kiyomi】

| トラックバック(0)

P6150425.jpg今日も良い天気でした。お休みを頂いたので、隣町?---鳥取県まで、Let`sGo!久々の鳥取♪香住より交通量が多いので、不安でしたが、お気に入りの曲をかけて、ノリノリな気分で走りました。今日聞いたのが、【GOSSIP】2枚入りで、その中でも、Disc2;;【Beautiful    Sunrise】    曲の最初のイントロとは、逆のようなメロディーになるのだが、ピアノも入り、絶妙な曲になってます。何回、リピートしたことか・・・このような洋楽ファンの私にとって、英語の詩は、わかりませんが、メロディーが気持ちにあえば、OK!と今日まで来ております。    これからの季節におすすめの一曲です。    女将   きよ美    【photo   by   kiyomi】

 

 

| トラックバック(0)

今日もよい天気でしたが、夜、窓開けてると冷ややかな風が入ってきます。昨日、知り合いの「いち子さん」より、〔この前のお例です!〕と、わざわざ持って来て下さいました。開けてみると。それは、それは、ステキ!としか言いようのない和菓子でした。涼やかな色【水色】・・季節感【蛍?】・・【形】・・・食べるのに戸惑いを感じました。「いち子さん」の選ぶ、お菓子。。和菓子は、どこから見つけてくるんだろうと思うものに出会います。栞を拝見すると、 富山県  『五郎丸屋』  の 銘菓--『う寿氷』・・・・うすこおり・・・ピッタリ!味は、和三盆が入り、上品で甘くなく、お抹茶の席にも合いそうと思いましたね。薄くはった氷が割れた感じの形で。。。気に入ったの一言です。それらを、覆うものに柔らかい綿が入ってました。割れない工夫のようだが、とても大切な品なのでしょうね。「いち子さん」のお陰で、良い出会いがありました。ありがとう‼    女将   きよ美 【PHOTO  BY  KIYOMI】P6140419.jpg

| トラックバック(0)

前の10件 1  2  3  4





タグクラウド

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright (C) 2011 Sadasuke All rights reserved

なごみの香風の宿 「さだ助」
〒669-6564 兵庫県美方郡香美町香住区下浜634 
TEL/0796-36-0772 FAX/0796-36-4077


aaa aaa